千葉の空

アクセスカウンタ

zoom RSS 運(ツキ)の良し悪しに関する一考察(良運、悪運は続く/逆正弦法則の応用)

<<   作成日時 : 2017/02/10 17:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

    .
 人の生活で、”良運”、”悪運”と感じることが多い。一般に”良運”、”悪運”の大部分は、その人の”技量”と僅かの”運”(ツキ)で決まってくる。”技量”とは、学習、経験、鍛錬、観察力等で向上する力で、”体”に由来する部分もある。例えば、競馬で”当たるのは、これまでの各馬の過去戦績を把握すること(学習)やその日の馬の様子を見抜く(観察力)が重要であり(技量)、これに僅かの運(ツキ)が加わっており、大部分はその人の”技量”で決まっている。また、スポーツ競技も同様に大部分は各選手の技量で決まり、運の部分は僅かである。

 一方”運(ツキ)”は、いわゆる”タマタマ”と云われる”その場限り”の現象であり、次の段階ではどうなるは分からない現象である。典型的なのは宝くじ類であり、当選したからと言って次回当選することはまず無い。また、硬貨(コイン)を投げて表がでるか裏がでるかの確率は1/2(50%)であるが、次に出る表裏の確率も表裏50%ずつであり、確定できない。

 ところが、この”運(ツキ)”に”良運”、悪運”は続くと云う統計学的な法則(逆正弦法則)が存在する。こkでは、”運(ツキ)”について主に検討してみる。前記のコイン投げを例にして考えてみよう。表が出たら、1円貰い、裏で出たら1円引かれるというルールで 6回投げると一例として下表及び下図の様になる(ここでは例として回数を6としたが他の回数でも同様な結果が得られる)。

 例-Aは全期間、手持ち金(貯蓄量)がプラスであり、反対に例-Cは全期間マイナスである。例-Cは、期間中2回だけ、手持ち金(貯蓄量がプラスになる。 すなわち、例-Aは全期間”良運”で、例-Cは全期間”悪運”であり、例−Cは中間である。
画像


画像


 ここで、6回投げをセットとして無数回(実際は2000セット)を繰り返し、プラス側にある期間(回数):0〜6で存在確率を分類する(横軸に取る)と、すなわち、横軸は左端:0、”悪運”-->”良運”右端:6で縦軸を発生確率とすると下図の青線が得られる。(数値はコンピューター/パソコン)で乱数を12000個発生させて計算した結果である)
 コイン投げの表裏が現れる確率は1/2(50%)であるが、”良運”、”悪運”の現れる確率は均一ではなく、最も”良運”が起こる割合と最も”悪運”が起こる割合が高く、中間の”運”が起こる割合が少ないのである(理論値を赤線で示し、理論的には左右対称)。

 すなわち、確率が1/2(50%)でも、”良運”あるいは”悪運”は続くと云うことである。
(”悪運”が続いたら止めた方が良いと云うこと)
画像


 前記したように、人の”良運”、”悪運”は、”運(ツキ)”だけでなく、”技量”が多く関わっている。上図は”運(ツキ)”が1/2(50%)の場合である。
 以上の説明は、”運(ツキ)”が1/2(50%)の場合であるが”運(ツキ”の確率が50%でない場合はどうなるか。”運(ツキ)”が1/2(50%)でなく、70%になると下図のようになる。”悪運”は極小になり、”良運”だけで通せる割合が60%にも達する。
画像


 ”ジャンボ宝くじ”で100万円以上の賞金が当たる確率は0.002%であり、誰にでも均一に現れる。これに同様の計算をすると下図が得られる。”悪運(当たらない)”は100%の確率で続くのである。”良運”が続くことは全く考えられない。
画像


 前記したように人の”良運”、”悪運”は、”運(ツキ)”と”技量”で決まる。
多くの場合、”運(ツキ)”は、誰にでも均一に現れる。”運(ツキ)”+”技量”で”良運”を得られる確率が50%を超える場合は、”良運”を長く続けられる確率が高い。

                        .

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
運(ツキ)の良し悪しに関する一考察(良運、悪運は続く/逆正弦法則の応用) 千葉の空/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる